事務所ブログ

坂本秀德法律事務所の最新の事務所ブログが チェックできます。


2011年の事務所ブログ最新NEWSへ戻る
年末年始のお知らせ (2011.12.02)

2011年12月29日(木)~2012年1月5日(木)まで、
年末年始のお休みとさせて頂きます。

今年も大変お世話になりました。
どうぞよいお年をお迎え下さい。

冬のガーデン (2011.12.01)

冬のガーデンは、華やかさとあたたかみの感じられるガーデンにしてみました。冬の定番、シクラメンは「アルプスのスミレ」という美称があります。和名は「篝火花」(かがりばな)。花弁が上に反返る姿が篝火を連想させることから名付けられたとか。赤いシクラメンの花言葉は「絆」。次々に花が咲き続けることから、家族の絆が深まる花とのいわれがあるそうです。

艶やかで華やかな「プリンセチア」は、ホットピンク・桜貝(ピンクホワイト)・ルージュの3種類があります。花言葉は「聖なる願い」。乳がんのピンクリボン運動のシンボルともされていて、
「あなたのとくべつに」あなたの大切な人のために。あなたの特別な時間のために。かけがえのない幸せを願って、プリンセチアは色づきます。・・・こんな言葉が添えられていました。

「ルクリアココ」(アッサムニオイザクラ)は、和名は匂い桜。淡い桜色の花を房状に咲かせます。その名の通り甘い芳香が辺り一面に漂います。上品で愛らしい姿を眺めていると、まるで冬なのに桜が咲いたかのような美しさです。花言葉の「優美」がぴったりです。(ガーデン担当:hakko)

司法修習生  (2011.11.30)
第65期司法修習生・村井充さんが、
11月28日~来年1月30日まで、
当事務所において弁護実務の修習をしております。
紛争解決センター (2011.11.01)
紛争解決センター(弁護士会の調停)の今年度前半の申立て件数が12件目となりました。
会員弁護士や市民に対しもっと広報を充実させて、今年度通算で何とか20件を達成できればと考えています。
九弁連定期大会 (2011.10.31)
平成23年10月28日(金)、熊本市のホテルキャッスルにて九州弁護士連合会の定期大会(熊本大会)が開かれました。
坂本も、実行委員会の一員として大会の準備をし、大会当日は、日弁連執行部との意見交換会で質問を担当しました。
講 演 (2011.10.21)
10月21日、商工会の経営指導員らを対象として、「相続問題」についての
講演をしました。
経営指導員にとっては事業継承に関し相続の問題は重要な関心事であり、
私も今後ともさらに研鑽を積んで行きたいと思います。
司法研修所のクラス同窓会 (2011.09.30)
9月17日、岩手県雫石町において、
司法研修所のクラス同窓会がありました。
検察教官も参加されて、楽しいひと時を
過ごすことができました。
労働相談員経験交流会で講演 (2011.08.25)
8月25日(木)パレアにて、
坂本は熊本県の特別労働相談員として、
労働相談にも関与していますが、
九州各県の労働相談員の経験交流会が開催され、
この中で「非正規社員の雇用に関連する法制と法的問題点について」と題して
パートタイマー労働法、派遣労働法、その他の関連法規の内容や判決例について約100分程度講演をさせて頂きました。
夏季休業のお知らせ (2011.08.03)

8月10日~8月15日まで、夏季休業とさせて頂きます。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

校友会で卓話 (2011.07.24)
H23.7.22(金)、早稲田大学校友会熊本県支部の会合で「人生の輝き」と題して話をさせて頂きました。
自分の体験を踏まえて、本当の覚悟をして存在の不思議を確信した時、このひととき、一瞬一瞬を確かに感じて夢中で生きるようになり、人生は光り輝くという内容です。
会場には、畳大の写真8点も展示しました。
その場限りではない何かを感じて頂けたなら、幸いです。
「民間裁判所」を目指して (2011.05.27)

坂本は、弁護士会の紛争解決センターを「民間裁判所」に発展させることを目指しています。

この度、紛争解決センターでの合意について強制執行ができるようになりましたこれは、和解あっせん手続で合意ができた案件で、将来的な義務の不履行も
考えられる案件については、仲裁法の規定を活用して、当事者に十分な説明をして仲裁契約を締結して仲裁手続に移行させ、仲裁人となった弁護士が仲裁決定をするものです。この仲裁決定には確定判決と同一の効力があります。
したがって、弁護士会ADRは裁判所の調停とほぼ同等の効力を持つようになりました。調停による解決をお考えの場合には、裁判所の調停以上に、弁護士会の紛争解決センターをご活用下さい!

申立ては、事件の種類は問いません。申立ては申立書式があり簡単で、本人でも作成できます。申立費用も定額の10,500円です。原則として3回以内での和解の成立を目指します。但し、法律相談前置主義を採っておりますので、弁護士相談を受けたうえでその紹介状の添付が必要です。ご利用をお考えの方は、事務局の永田までお問い合わせ下さい。

お知らせ (2011.04.29)

4月29日(金)~5月8日(日)まで、
事務所をお休みさせて頂きます。

大変申し訳ございませんが、
ご用の方は5月9日(月)以降に、
ご連絡を頂きますようお願い致します。

紛争解決センターの応援に「くまモン」が登場! (2011.04.21)

紛争解決センターの応援に、「くまモン」が登場しました(くまもとサプライズ熊本県許可第460号)。県民に人気のある「くまモン」に当センターのPRを応援してもらって、当センターの一層の活性化を図りたいと考えていますので、今後ともよろしくお願い致します。

紛争解決センターについては、5月の定時総会において和解的仲裁制度を導入し、合意に執行力を獲得することを目指しています。
この点の改正ができれば、弁護士会の調停は裁判所の調停とほぼ同様の効力を持つことができるようになりますので、益々の活性化が期待されます。

調停をお考えの際には、是非弁護士会の調停をご利用下さい。
紛争解決センターは、「民間裁判所」を目指します。

弁護士会の会務への取組み (2011.04.20)

坂本は、弁護士会の委員会としては、紛争解決センター運営委員会、業務対策委員会、非弁活動取締委員会に所属して活動していますが、今年度は4月から常議員会の議長に選任して頂きましたので、より一層会務に力を尽くすことになります。

市民に身近な弁護士活動の確立、民事裁判制度の改革、法曹人口の問題、法曹養成制度の問題等々の色々な課題が山積していますが、より良い弁護士会を目指して頑張りたいと思います。

祈 り (2011.03.16)
3月11日、東北関東大震災が発生しました。
各地で未曾有の甚大な被害が発生し、
今なお被災下で大変な思いをされている多くの方々がおられます。
現地の報道を見る度に、本当に胸が痛みます。
どうか被災者の方々が確かな希望を持って再起ができますように、
そして、日本がこの災禍から力強く立ち上がることができますように、
心から祈念致します。
船井総研弁護士経営セミナーへの参加 (2011.02.05)
福岡市で開催された船井総研の弁護士経営セミナーに参加してみました。
24名位の参加でしたが、弁護士大増員時代を迎える中での
戦略的な発想は、大変参考になりました。
山岳遭難事故訴訟の続報 (2011.02.05)
白馬岳で4名のツアー参加者が低体温症により遭難死した事件の損害賠償請求訴訟については、3回の現地調査・生存者・白馬山荘従業員・山小屋経営者・登山中の大学教授や医師らへの事情聴取等の結果を踏まえて、当方の十分な主張立証をしました。
次回は被告側の反論の予定で、当面は双方の書面での攻撃防御が続きます。
新年のご挨拶 (2011.01.01)

明けましておめでとうございます。

昨年は、通常の業務のほか、弁護士会の調停である「熊本県弁護士会紛争解決センター」の運営に力を注ぎました。次第に利用件数も増えていますので、今後も益々同センターの発展、充実に力を尽くしたいと思います。
山は、事件の関係も含め、穂高、白馬、立山、くじゅう、阿蘇の山々等に登って、撮影に集中し充実した生活を送っています。
時代は益々激動の様相を呈していますが、「この瞬間、このひととき」を感じながら、仕事にも趣味にも精一杯生きて行きたいと思います。

本年も何卒よろしくお願い致します。