51.叙勲のお知らせ 2018/12/18 (火)

 坂本弁護士が急逝した数日後に、日本弁護士連合会から「旭日小綬章」が決まりましたと連絡がありました。
普通は70歳を過ぎてから授与されるそうなので、64歳での授与というのは随分若くしての叙勲となるらしいです。


 10月初旬に連絡を受けてから、実際に賞状と勲章が事務所に届いたのは11月下旬でした。
賞状が特別サイズでとても大きいので、額縁を特注していました。
昨日、やっと額に入った賞状が届きました。


 早速、賞状と勲章を仏壇に飾りました。
「一生懸命生きたから、ご褒美ですよ。」と心の中で語り掛けました。


 写真の中の坂本弁護士は、いつものように優しくにこやかに静かに微笑んでいました。